グローバル金融緩和を俯瞰する(浦崎)

●5年ほど前にWTIの原油先物価格が100ドルを超えた時があった。リーマンショック後のアメリカの金融緩和と中国の圧倒的需要が原因とのことであったが、投機的との印象だけが残った記憶がある。その後原油価格は中国の原則とともに半値の50ドルとなり、現在は30ドル程度である。半値の50ドルになったとき、多くの投資家がそこが底値だと思って大量に買い建玉を入れたので、結果としてそこに超えられない壁が出来上がったとみるべきだろう。
●これは新興国経済の状況も同様である。同時期に世界の大手企業が競って、安い緩和資金を活用してBRICS市場に進出したが、遠くから眺めていてもやや異常な状況だった。一昨年FRBが利上げの可能性を示唆したあたりから、相場は停滞に入り、昨年末に利上げを実施したことで、金融市場は一気に下落を加速したという現在に至る。
●100年に一度の暴落と言われたリーマンショックの処方箋として実施されたのが金融緩和であるから、現在生じているこの事態は誠に皮肉である。現状は、資源と新興国への無茶な投資が不良資産として世界中の企業のバランスシートを圧迫しているとみるべきだろう。解決のためには、不良資産の一掃・処理が進まない限り、根本的な解決は難しいとみるべきだ。
●今年はサウジアラビアの財政収支が赤字になるとの試算がある。原油に歳入の50%を依存してるロシアの国家予算は、原油価格50ドルで組まれている。米国のシェール企業は軒並み赤字であり、ベネズエラは破たんの危機にある。中国と日本は為替レートだけが頼みの綱で、両国ともに痛みを伴うような改革はできそうな気配がない。悪いニュースばかりが踊ってしまうことに対して、火をつけるような風聞だけを流すつもりもないが、一気呵成にグローバルレベルで不良債権処理を行わない限り、ダラダラと低迷は長期化しそうな気がしてならない。

日本型デフレの根幹には超高齢化社会への不安あり(阿房)

●近所にもうすぐ九十歳になろうとしているジジ様がおります。朝からラジオ体操をして、九時からは株式取引、夕方にはよく我が家へやって来て麻雀などをやります。かなりのつわものなので私は殆ど勝てません。もともとバブルピーク時までに財産を築き、その後経済に反比例するように資産を倍増させてきたこのジジ様のことなので、少しくらい負けを見逃してくれてもよさそうなものですが、借金の取り立てはまさに鬼のようであります。月末にでもなれば、給料はまず妻に根こそぎ奪われ、ちょっぴりのお小遣いもこのジジ様への返済に充てるという始末。いやいや参りました。
●しかしこの憎々しいジジ様、一度深酒をしておりましたら、結構な弱気ものだということがわかりました。何でも老後が心配なんだとか。老後たってもうすぐ九十で、何が不安なんですかとたずねると、アルツハイマーなんかになった時誰も助けてくれんからな・・・ってなことらしい。それを考えると財産は一円でも多くもっとったほうがよろしいがな・・・と。そんなこといったら、そもそも貯金も殆どなく、妻や娘、放蕩息子の金づるとして微かに生きている阿房などどうなってしまうんでっか・・・。
●まじめにジイ様の立場になってみるとそうかもしれません。いろいろ食べ物もよくなって長生きすればするほど、何だかカネもかかるし、いくらあってもお金の不安が去らない。アベノミクスって馬鹿騒ぎしたところで、90歳のジジ様に20代の若者のように元気に働く雇用の場があるわけもない・・・。そうなれば、節約するしかありません。どんなに日銀が資金供給したって、ジジ様は超デフレ志向からは変わらないのであります。阿房が万年金欠病だといったところで、一切聴く耳なし。ドストエフスキーも真っ青になるような金貸しの顔になるわけです。
●景気が多少よくなったとしても、こんな超高齢化社会の実態があるってことを、日銀の黒田さんや、安部首相は果たしてわかってくれているんでしょうか。非常に不安です。金融緩和策だけじゃなくて、65歳以上の社員だけの株式会社の法人税をゼロにするとか、90歳の老人と毎週麻雀をする金欠病の中年に対する特別補助金の支給制度なんかを、この際政府にお考えいただきたいところですな~。これ以上ジジ様がケチになり、サラ金の取立て並みにジジ様が怖くなりますと、阿房のような小市民がますます生きにくい世界になってしまうのであります。