アベノミクスの終わり(阿房)

●年明けからあちこちで悲鳴に近い叫び声を聞きました。株は下がるし、景気も良くない。あれ、アベノミクスとかなんとかがうまいこと機能してくれているんじゃなかったんですかと、一杯飲み屋で詳しそうなサラリーマン風の中年男性に聞きますと、いやいやあれは黒田さんが大砲を打っただけで、実際の経済実態には結局なんの影響もなかったんだって話なんだとか・・・。
●それが新興国の成長鈍化とか、欧州の銀行がやばいとか、産油国が財政危機だとか云々を背景にして、一斉に世界の空売り専門家が株を売っているとのこと。空売りする目つきの鋭い専門家も好みではありませんが、リフレ政策とか何とか言って、結局為替レートいじりだけに終始してしまった日本もよくありません。金融政策とかいう魔法の杖にまただまされちゃったという、日本中のおじさんたちの憎悪が、いま一杯飲み屋にあふれているのであります。
●悲観的になりすぎるのも阿房の好みではありません。しかし生命保険を株式で運用している哀れな阿房の現状を考えると、簡単にほほ笑むこともできません。数年前に民主党に失望した阿房は、ついに自民党にも深い怒りが芽生えてきてしまいました。こういう局面に、次の選挙でトランプや、ヒトラー、スターリンのような政治家が出てきたら、つい一票入れてしまいそうなのは、阿房一人だけではないでしょう。

黒田総裁発言に失望→アベノミクス終焉の始まりか(久里田)

●今日の日銀黒田総裁の会見を眺めながら、アベノミクスの終わりを感じました。特に気になったのはインフレ目標2%を確信しているというコメントです。輸入物価の高騰だけが一人歩きしている昨今、消費増税の影響も見えない中で”確信”などという表現を使うのは、日銀責任者としてのプライドと、何の政策的前進もない政府側への無言の抵抗、そして俺の責任じゃないからという官僚的な気取りそのものだと感じたのです。
●日銀からすればまあそうかもしれません。中央銀行として空前絶後の規模で金融緩和をやったのですから・・・。しかし政府側といえば、成長戦略はアウトプット不明。TPPも成果なし。経済の問題も収束しないのに、集団的自衛権がどうのこうのという体たらくです。日銀に金融緩和だけさせときゃいいんだという風に見えます。ジャブジャブお金を市中銀行に流したところで、投資対効果の査定に厳しい銀行の融資担当者からみて、おめがねにかなう融資案件は登場しません。お札の束だけがつみ上がってしまいそうな気配です。
●そんなことをしているうちに、世界経済はすっかり調整ムードに包まれています。本日の終値で日経平均を眺めてみると、月足MACD(下段)がもうすぐデッドクロスしそうです。勿論米国やウクライナ問題、新興国市場の不安などの諸問題もあるかと思いますが、欧米は順調に成長、日本株はロシア株なみに下落基調から脱出できない状況となっております。例えはよくないですが、プーチン並にアベノミクスは見放され始めたとみたほうがよいのではないかと考え始めております。
●ただでさえ今年は消費税をさらに10%にあげるかどうか見極めるという大イベントもあります。景気弾力条項も設定されているものの、見直すとなれば再び国会でああだこうだと議論しないといけないという法案になっています。成長戦略や規制改革・TPPなどと同様、何だかアウトプットもなく、時間だけが過ぎて、結局増税して補正予算で穴埋めしますということになりそうで、非常に嫌な予感がしております。
●あと数ヶ月から半年近くたって、ああ4月(或いは5月)までがアベノミクスでしたねえ、といったような会話を知人たちとする羽目になるような気がして、何だか落ち着きません。少なくとも本日の黒田総裁の発言を聞いて、しばらく日本の金融資産に投資する意欲を失ったのは、私だけではないでしょう。