世界一の横紙破りは世の中を何処に連れ去るのか(阿房)

●世の中には”横紙破り”と呼ばれる役回りがあるようです。ふすまの紙をベリベリとはがすように破る係という意味らしい。これといって特別な力量や才覚が必要ではないですが、普通の人々が礼節や常識に基づいて丁寧な対応しかできないときに、大きな顔をして厚顔無恥に登場することが求められます。
●企業・労働組合・自治会・政治家・総会屋等に時折こうした人種を拝見します。声が大きくて、論法は頭から水をかけるような否定から話を始める特性があり、議論には一切応じることがない・・・。破壊と畏怖を与えたあと、相手が弱気になってから話を自分の有利な方向に誘導しようとする傾向がある・・・。砂漠のバザールでラクダ売りたちがこういう技を戦わせるのを見ている内は結構愉快ですが、最近は国際政治の舞台にも登場するから、笑ってばかりもいられません。
●現在世界一の横紙破りは合衆国大統領でしょう。確かに品のいいオバマとは違う。何が何でも公約を実現していい恰好をしたいから、為替レートには口を出すし、プーチンや北朝鮮のような相手をほめてみたり(自国の情報機関は間違いだと言ってみたり)、保護主義こそ最善だと発言したりする・・・。
●要するに実態は壊し屋で無礼千万な存在として鼻をつままないといけないのですが、どっこい世の中にそれなりに求められている部分があるので、次々に活動領域を広げている。現在の世界と合衆国の状況はそのようなものでしょう。
●このままいくと、自由貿易・変動相場制・NATOを中心とする欧州の安全保障・中東和平・東アジアの安全保障などの全てが一旦ゼロクリアされそうです。アメリカが一番になれるなら中国はなくなっても構わないし、地球環境が壊れたっていい。メキシコ・カナダ・EU・日本の各国は貿易赤字がゼロになるならいいけど、そうでなきゃ我儘を只管飲み込んでもらうから宜しくねっと言われているような気がいたします。
●ただこの手の壊し屋さんの危険なところは、更地になったあとの新しい建物をどのように作るのかについてあまり深く考えていないことです。世界中が貧乏でも自分の国の経済成長が益々絶好調を維持できると本当に信じているのでしょう。このままいきますと必要悪を超えたところまで連れていかれて、挙句の果てに本業のラクダ売りに戻るから、あとは自分たちで決めてね・・・というような状況に世界が追い込まれるのではないでしょうか。
●阿房が飲み屋でそのように暴言を吐きますと、ちょっとエリート風のおじさま方は、「いやあ阿房さん、トランプもそこまで阿呆じゃないでしょう。ビジネススクールも出てるしさあ~。」といいます。しかしエリートの皆様はいつもこうした大権の持ち主を過大評価し過ぎるので、過去にも「スターリンは実は大人物だから対日参戦しないんじゃないの。」とか、「ヒトラーはズデーデン地方を認めてやればチェコやポーランドには侵攻しないだろう。」とか思い込むようになってしまうのです。この阿房は阿呆なので、言っていることとやっていることをそのままの姿で理解するので、今回も中国とはいくとろこまでいくと理解しております。
●阿房はただの阿呆で中国共産党の手先でもなんでもありませんが、現在の合衆国と中国の激突について、日本政府もただ静観しているだけでは、横紙破りによって太平洋貿易を封鎖される可能性すらありえます。阿房はこの目で中国に進出している巨大企業の多くを見ているので、そうした企業の業績悪化が顕在化すれば、金融市場のクラッシュも十分にありえるのではないかと考えているのであります。

ルーマニア系アメリカ人に錦絵を見せられる(浦崎)

●つい最近ルーマニア系アメリカ人の家系図を見る機会があった。興味深いのは、アメリカの場合、入国記録や国籍取得に関する記録が一定範囲公開されているから、該当する人物の最初のアメリカ人(つまり最初に欧州などからアメリカ合衆国に入国した人物)を調査することは比較的簡単であるということだ。
欧州やユーラシア大陸からの移民記録は、1800年代から非常にきちんと管理されているから、その最初のアメリカ人の筆跡や宗教、生まれた村の場所も含めて詳細に調べることができる。
●調査そのものを行っているのは私の友人のアメリカ人である。早期引退を若い頃から目指していた彼は、そこそこ成長させた自分を会社を売り、非常に特徴的で数少ない氏族である自分の家系を調べ始めたということだ。但し簡単に調べられたのはアメリカ国内までのことで、そこから先が大変だった。ブカレストの情報は、チャウシェスク時代或いはその前の第二次大戦時に結構な割合が紛失してしまい、公文書の追跡調査は難しい。従ってキリスト教会の洗礼記録などを調査することになるが、こちらも資本主義国とは異なり、宗教そのものがアヘンに等しいとみなされた暗黒時代があるから、困難を極めたということだ。
●そうした数年にわたる血のにじむような執拗さで調査された家系図をもって、彼は何故か日本に来た。東京で暇な時間を送っている私に一体何の用かと思ったのだが、四谷のホテルのロビーで彼が念入りに調べ上げた家系図と調査資料を見て理由が分かった。ブカレストから始まった彼の調査は、チェコからドイツ、オランダにおよび、ついに江戸時代の出島にたどり着いたのだ。
●鎖国していたとはいえ、江戸時代には世界に向けて長崎に小さな穴が開いていたのは事実である。非常に小さな穴だが、そこを彼の祖先がするりと抜けてやってきていた記録があるという。面白いというほかない。同じような例は、当時の幕府から国禁を犯した罪で強制送還されたシーボルトのものくらいしか私は知らない。どれだけ国を意図的に閉鎖しようとしても閉鎖しきれないものだという彼の言葉は、なぜか大きく胸に響いた。
●アメリカはトランプの時代になって、移民希望者たちにとって、時は、あたかも鎖国前夜に近い。アメリカは現代のローマ帝国として二百年近く、世界の移民を受け入れてきた。故郷を捨てるという決断は、かつての欧州系移民も現代の移民も等しく過酷なことだ。その過酷さを超越しても移民したいという人々の希望が損なわれるというのはどういうことなのろうねという彼の言葉が、心のどこかに響いた・・・。
●一晩飲み明かした後、彼はあわただしく羽田からサンフランシスコへ戻った。私は彼からもらった一枚の錦絵の写真を眺めながら、多摩方面に車を飛ばしていた。バスケットボールの練習に参加したあと向かった先は、浮世絵に詳しい知人の家だ。一体いつの時代に属していて、誰の筆によるものなかのかということに心は踊った。しかし現代のアメリカ合衆国の様が、ローマ帝国やオランダ、江戸幕府の末期に重なっても思えてきて、帰りの車の中で少々複雑で感傷的な気分にもなった・・・。

アレック・ボールドウィンにすっかりやられる(阿房)

●アメリカでアレック・ボールドウィンの演じるトランプが流行っているらしい。知人のアメリカ人が笑い転げているので、この阿房は絶対笑わないぞと固く誓いつつ、見始めました。話が前後しますが、日本のお笑いが面白くないといって、どこに連れてっても絶対に笑わないこのアメリカ人への対抗意識ってとこでしょう。
●しかし、この阿房、やっぱり駄目でした。面白いものに目がないのですが、世間の重苦しい雰囲気に飲まれて、きっと白けると思っていたのに・・・。やっぱり我慢できませんでした。それどころか、あらゆるツボの違う理系アメリカ人と一緒になって腹を抱えて笑っているので、いよいよこいつら気が狂ったかと思った他のメンバーまで巻き込んでしまう羽目に・・・。
●う~ん、しかし笑うというのはいいですな~。爆弾男のような顔をしたアメリカ人、座禅で瞑想しかしないと思っていたフランス人などなど、いつもは腹のわからん奴らだと警戒しておったのですが、今やすっかり友達です。これからアレックに感謝しつつ、みんなで昼間っからのみに行こうと思い

続きを読む アレック・ボールドウィンにすっかりやられる(阿房)

大陸的・儒家的な社会民主主義の時代を考える(永野)

●明治維新以後、主に江戸時代を舞台にした時代小説が日本では一番人気があります。弥次喜多さんたちが出てきそうな舞台設定に、実は日本人は一番弱い。
●太平洋戦争ででひどい目にあった司馬さんなどは、昭和が駄目だった分、明治時代が良かったのではと思ったのでしょう。しかし時代小説ブームを見る限り、江戸時代を懐かしむ人々の方が比率として高い傾向にあるとしか言えません。明治以後の、徹底的に合理性を追及する時間に疲れた日本人の本音が潜んでいるような気がしてなりません。
●同じような視線を大陸に向けてみます。習近平政権の言っていることを丹念に読んでみると、庶民の間に広がっている、毛沢東時代の「貧しくても平等だった。」、というため息に近い理想に、同調しようとしている気配があります。中華圏の文化の中心は千年以上農業にあります。農業が儒家を生み、富以上に共同体的な平等を理想とするのはごく自然な成り行きだと私は思っています。
●その点ロシアも同じです。外向きにはあっちこっち攻め込んで雷帝のように振舞っているプーチン氏ですが、離婚後は、ロシア人らしい親父ギャグが増えていて、国内で妙に人気がある一因になっていると思います。テレビを見ている側からすると、むかし畑でジャガイモを作っていた頃の、機転が利かなくておっかないけど、頼りがいのあるうちのオヤジ・・・、というような存在になっていると思います。ロシア人と話すときは、このような、大地で農作業をしている時のたとえ話が心地よいようで、遠目から眺めるとトルストイがいた帝政時代への愛着のように聞こえてきます。ソビエトの時代も含めた昔の時代のほうが、みんな貧しかったけど、平等だったなあ、という思いがあるのでしょう。
●このような貧しくても平等だったということに対する郷愁のようなものが、結構重要なものなのかもしれません。日本で江戸時代が庶民の心をいまだに射止めている理由がここにあります。行き過ぎた富や格差を生んでまで効率性を追及するのではなく、社会全体の安寧を図りたいという心でしょう。どうもこのへんが、太平洋戦争前後の歴史観に縛られた、一時代前の研究者や歴史家と意見が対立するところで、話がかみ合いません。明治新政府が考えた富国強兵策と合理的に導き出された産業資本主義が絶対正しいと考えている立場と、庶民が愛した文学作品から土着性の高い気質のようなものをくみ取っている私の立場の違いなのかもしれません。しかし、明治新政府から連綿と続く、資本主義一本やりの歴史は既に限界を迎えており、制度疲労の限界に近づいているのは間違いありません。
●2016年は、立派な職業政治家や研究所、新聞社の権威失墜の一年でありました。英国のEU離脱や米国大統領選挙について、彼らは観測と対処を誤り、現在は沈黙し続けています。シンプルに原因を考えるなら、世論を読む力がなくなったということでしょう。読むということは、統計データで数字遊びをすることではなく、人のこころを読むことだと私は考えております。
● 日本や、東アジア・ロシアといった国々に限らず、世界は今後資本主義専制の時代から、”貧しくても平等”という価値を取り入れて、社会民主主義的な傾向を帯び始めるのではないかと思います・・・。明治新政府発足以後、振り返るべきでない封建主義として退けられてきた儒家的価値観ではありますが、近代合理性の限界に近づきつつある人間を、次の時代へ誘ってくれるものではないか。私は最近そんなことを考えて、ふと江戸時代の文献を調べる日々を送っているのであります。

トランプショックの先にあるもの(阿房)

●11日は一日中大統領選挙の速報を眺めておりましたが、正直いって驚きました・・・。しかしマスコミの端っこで小さく生きる阿房からみれば、単純にアメリカ人はトランプを選択したんだな、ああ怖い世界が来そうだ~ということです。怖いのはトランプじゃありません。トランプを選んだアメリカ人であり、彼らがトランプを選択した理由です。
●勘だけでネズミのように走り回るしか能のない阿房ですが、”匂い”には敏感です。アメリカ人の背景に貧困と絶望、無責任があるのは間違いないんじゃないでしょうか。要するにリーマンショックを克服できてない。FRBの金融政策は大半のアメリカ人にとって殆ど実効性がないってなところでしょう。ついでにいうと、日々毎日がつまらないなあ・・・、何か面白いことはないかなってな具合に、浮浪雲のように生きている阿房のような人種もきっとトランプに投票したんじゃないかと思います。クリントンの演説を聞いていると、むかしむかし学校で生活態度を注意していた数学担当の女性教師のことを思い出してしまって、何だか落ち着きません。世間の雨風にただただ流されている身からすれば、まあ俺には関係ないけど、誰のためなのかわからない倫理とかルールを遵守し続ける貴族階級よりも、なんでもいいけど雰囲気の違う奴に投票してみるかなってな具合です。なんたって有権者には権利はあるけど、責任はあまりなさそうだからです・・・。
●さてここからは先々の予想です。まずトランプはいくところまでいくでしょう。彼のような公約で当選した以上、公約を実行しないのは自殺行為です。ローマの護民官と同様暗殺事件が多発します。従って巷で噂している、”当選後は飼いならされた猫に変身する”というのは甘い考えです。ただやり過ぎなので、内紛や分裂、戦争など、不測の事態は避けられません。
●政治面では、二大政党制の質的転換が行われるでしょう。共和党も民主党も乗馬クラブのような社交界に過ぎないということが今回よくわかりました。トランプは共和党重鎮とも今後衝突するでしょうから、就任後は政党なんかいらない、議会なんか飼いならすべきもんだというようになるのではないでしょうか。うまくいけば独裁、失敗すれば大混乱ということになりそうですが、半面先々の政治の在り方を問う貴重な機会になってくれそうです。
●経済面では、政治で独走状態が築かれるのが前提ですが、意外にうまくいくかもしれません。メキシコとの国境線にホントに壁を築くかどうかしりませんが、大陸横断鉄道、アウトバーン、ピラミッド・万里の長城の類をやりたいようなので、雇用が増えるでしょうし、FRBや日銀ができなかった金利2%の世界をさっさと実現してしまうのではないでしょうか。ただ逆に今度は歯止めなくインフレが進む恐怖に怯えるんじゃないかと、末恐ろしいです。日銀は数か月前の総裁インタビューを聞いていると、”金利はコントロールできる”と豪語してましたけど・・・。
●国際面では、ロシアと関係改善して、中国・EUと衝突しそうです。 TPP頓挫の影響で、国際貿易は減少し、保護主義化しそうです。特に注意を要するのは、中国との関係で、下手をすると戦争です。ロシアはこの二大国を調停する役割を果たしつつ、大西洋側では漁夫の利をえるべく、ウクライナ、バルト三国などを手中に収め、EUを飼いならそうとするのではないでしょうか。またフランスやイタリアで右翼政党が誕生し、EUが崩壊というシナリオも現実的に見えてきそうです。
●考えてみると、なんだか暗くなります。 阿房の頭の中でこれだけの否定的なシナリオを考えてしまうのだから、似たような思考回路のアメリカ人は、まじめにカナダやオーストラリアへの移民を考え始めるんじゃないでしょうか・・・。ただ逃げようとしてもたいしたお金もない阿房のような人間はそういうわけにはいきません。逃げずに(本当は逃げられないので)、現実と対峙するしかないんでしょうねえ。

ドナルド・トランプに世界の変質を読む(浦崎)

●今回の米大統領選挙は嫌われ者同士の闘いだという。しかし共和党のトランプは元々取るに足らない泡沫候補だったから、同じ嫌われ者でもエリート臭の芬々とするクリントンと互角に競り合う状況になっていることは注目に値する。
●トランプの嫌われ方は、気取った大人の紳士が出来の悪い狼藉ものに抱く感情だろう。メキシコ国境に壁を築くという政策なのか扇動なのかわからない言葉に、眉を顰めるインテリ層が多いのは間違いない。だがこの”嫌われ方”は別のカテゴリーに分類される人々には支持される理由になっている。
●典型的なインテリ層が、外面ばかり気にしてそつのないキャリアと政策で政権を維持してきたが、結果的に世界は貧しい。正確に言えば史上類例のない規模で貧富の差が拡大している・・・。非の打ちどころない奴よりも、どこから見ても悪者だが、場合によっては自分たちのためにひと肌脱いでくれそうな闇屋上がりの親分のほうが百倍ましだ・・・。そんな感情がアメリカに蔓延しているように思う。
●クリントンはおそらくそのような支持者をさして、”嘆かわしい”といったのだろうと思う。しかし本質的に重要なのは世界の現実の方であって、支持者そのものではない。世界の矛盾や問題点が顕著に進み、もはや手の施しようがない状況になっているということそのものが、トランプを大統領候補に祭り上げた根幹的な理由とみるべきではないだろうか。私にはそんな風に映る。
●結果的にクリントンが選挙には勝つだろう。しかしそのあとに残った世界の矛盾の矛先はどこにむくのだろう・・・。クリントンが嘆かわしいと発言したところからして、彼女が大人の紳士よろしく、嘆いたり嫌ったりして、問題点を直視しないのは明らかだ。漠然とした社会の不安と問題点はより先鋭的な別の運動に傾斜していくのだろう。場合によって、その運動はアメリカ以外の場所から起きるかもしれない・・・。またドナルド・トランプを担ぐのが十分でなければ、ナポレオンやレーニンのような新たな役者を担いで登場する可能性も、十分にある・・・。そんなことをふと考えてしまった。

不動産王トランプ氏の野望に何の共感も沸かないのは私だけなのか(浦崎)

●先週ニューヨークへいってきました。実は今から二十年ほど前にヒッピー同様の体でこの街へやってきて以来でしたから、五番街などを余裕を持って眺められたのは今回が初めてのことでした。ただ当時不動産王として既に有名人だったトランプ氏の名前を冠したトランプ・タワーは今尚健在で、そのことだけは過去の記憶が少々鮮やかに蘇ってきました。
●不動産取引で巨富を得た、米国を代表する資産家に対して、当時の世論も賛否両論でした。が、特に国内景気がバブル真っ最中だった日本では賛辞の声がより強く響いていたように思います。短期間で儲けるなら高額の不動産取引が一番。そういう世の中でした。
●ただ、その後判明したことは、当たり前なのですが、”世の中の負債を短期間で積み上げられるのもやはり不動産取引”という現実でした。すばやく儲けようとする人々が競って投資した結果、簡単には処理できない負債が家計・企業・財政の3箇所に塵芥の如くつみあがっただけだったのです。そういう人々の機運を盛り上げるときにいつもトランプ氏の姿があり、理想とされたのです。五番街のタワーのその象徴的存在でありました。
●金ピカのタワーを遠方に眺めながら私が抱いたのは、二十年の歳月を経ても変わらないものでした。トランプ氏の野望を象徴するこの建物には何の感動もなく、そして何の共感もないということです。お金が手段であり、何かを実現するための道具であるのなら、自分の名前を冠したこの建物を作るということが彼の理想だったのでしょう。しかしその本願はお金に執着する姿勢に比べれば極めて卑小なものに思えるのです。結局自分を大きく見せたいとことだけ願う小さな守銭奴の老人の姿であるのです。五番街を歩きながら、私はふとそんな考えにとらわれました。