超弦理論とM理論に熱中する(浦崎)

●学生時代に数学を途中で放り出した過去もあって、特に理由もなく最近数学を楽しんでいる。ちっとも役に立たないという悪友たちの囁きと、これといって熱意のない教授陣に囲まれていた私は、数学の世界の本当の興味深い一面を理解していなかったといっていいだろう。そんな私が今頃になってのめりこむ羽目になったのは、エドワード・ウィッテン氏の記事を読んだことに始まる。
●この人物の唱えるM理論というのは、宇宙の重力次元が11にも上るという。現在我々人間が認識できる次元は4つしなかないが、宇宙の構造と成り立ちについて理論的に計算をしていくと、その数は11になるというわけだ。少々物理に造詣の深い知人にどのようにこのウィッテン論文の骨子を理解することができるかと尋ねると、そもそもアインシュタインの相対性理論から勉強しなおさないといけないということがわかり、かなりの時間を使って相対性理論を勉強した。土日だけだが数ヶ月間もかかってしまった。
●ようやく相対性理論の雰囲気がつかめたところで、さて今度は超弦理論である。シュワルツとシャークが最初に発表した英語の論文を探してきて少々読んでみたがさっぱり理解できない。根本的に相対性理論と学問発展の経緯が違うから、これはまた一から勉強しなおさないといけないということに気がついた。再び数ヶ月間を掛けて、アメリカ人の友人から紹介してもらった超弦理論の本を勉強することになった。物理学科か数学科の教授でも家庭教師に雇えればよいが、お金と時間の関係上そのようなことは望めないので、のんびりと本を読み、数え切れない計算用紙のくずの山を作ることになった。
●結局M理論の論文を読み始めようと思ってから丸々一年以上の歳月がかかってようやく、ウィッテン氏の話についていけそうな気がしてきた。その間あまり文章も書かず、仕事も適当にやっていた。あまり余裕のある生活を送っているわけではないが、数学と物理学があまりに興味深く、結果的に引きずり込まれたような印象がある。多くの天才たちを発狂させてきたこの分野だが、その難易度の高さを超越して、果てしない興味をかき立てるものだということは疑いないだろう。
●自分の能力がまったく大したものでないということを、これでもかと理解させられる時間ではあったが、これからまた数年の時間をかけてウィッテン氏の論文をひとつひとつ読んでみたいと思っている。当面土日の時間が中心になるだろうが、仕事が一区切りついたら、来年の春先あたりウィッテン氏の参加する学会にでも出席してみるのもいいなと、現時点では考えている。

神の数式に興奮(隈川)

●昨晩のNHK特集・神の数式に大変興奮いたしました。数式をあれだけ並べられると少々辟易してしまうところですが、大変わかりやすい説明でした。この分野は全くの素人である私ですが、今の仕事をすべて投げて捨てでももう一度数学か理論物理学の世界に飛び込みたい気分でした。
●特に超弦理論を初めて提唱した人物の一人、ジョン・シュワルツ(John Henry Schwarz)が登場し、一般相対性理論を含めて、宇宙の成り立ちに関する根源的な不可解に挑戦してきたこれまでの時間を、自ら説明している部分には、大きな感動を覚えました。
●加えて、まだまだ残る超弦理論が解き明かさなければならない多くの課題について、自分の人生の中ですべてを消化できないかもしれない。しかし証明できてしまったとしても、それはそれでとても寂しい・・・、という感情を吐露するセリフには、難問に挑戦し続ける科学者に対して大いに尊敬の念を持ちました。
●しかし、サイエンスにおける難問というのは、恐ろしいものです。シュワルツの共同研究者のシャーキーは道半ばにして精神を病むし、理論自体の現実的証明が困難であるという理由から、多くの科学者から猜疑心を持たれるという苦痛は、平凡な人生を歩んでいる私からみると大変恐怖を覚えます。ただただその孤高の研究姿勢に頭が下がるばかりでした。
●私も人生まだ半ばです。シュワルツたちの業績からすれば何もしていないに等しい人生ですが、解決できるとかできないとかそういう小さなことにいちいち悩むよりは、さっさと難問に取り組んで血の汗をかくほうがよいではないか。私はふとそんなことを考えました。