あなたの人生は平岡常次郎でよいのか(木羅)

●漱石の小説”それから”の中に、二人の特徴的な人物が登場します。一人は主人公の代助、もう一人は代助が略奪する妻の夫、平岡常次郎です。初めてこの本に遭遇して以来、私の中にはこの代助のようなわたくしであり続けるのか、常次郎のように勃興したての資本主義社会の先兵として歪んだ経済人となるのか、ということを考えてきました。結論から言えば、”非現実的といえども代助の方がマシ”という何とも積極的ではない結論が、社会人になって何年目かを迎えた時の答えでした。
●実際に社会に出てみて感じるのは、如何に平岡常次郎のような人物が多いかということです。小説の中に登場する常次郎は、就職した銀行で横領の罪を問われ失職。その後新聞社に勤務し始めるも、社会の悪しき何かに影響を受けるように、性格に歪みを生じていく、という運命をたどっていきます。社会の中に生きていれば、金槌で頭を殴られるようなことが時に生じるのはやむを得ないことです。ポイントはこの不幸な出来事を通じて、自分自身も歪曲していく常次郎の姿です。そこまで自分を卑しい存在にしていかなければいけないのかということなのです。
●代助と常次郎の生きた時代は、維新からほどない明治・大正の時代です。武士階級の時代が終わり、四民平等を背景にしたガツガツした資本主義社会が始まるのです。しかしその資本主義社会というものたるや、生き馬の目を抜くような世界で、高邁な思想の実現を夢見ていた青年たちの夢はいとも簡単に敗れ去ったことでしょう。常次郎の姿というのはそうした社会の生み出したものといえるのではないでしょうか。
●しかし明治・大正という時代と現在はどれほど違いがあるのでしょうか。表面的には違っているように見えて、常次郎のような人物を生み出すという意味で、寸分違いがいない。それが私の社会に対する印象でした。俗に没することなく、一時的にわたくしであるにせよ、常次郎となるのだけはやめよう。そう思った私は、未だにこの作品を読み、かろうじて常次郎ではないということだけを確認しております。

不倫をする日本人のこころ(ゲオルグ)

●以前ロシアのプーチン大統領が日本の文豪の作品は不倫がテーマであるといって日本文学を揶揄したことがありました。プーチンのような極めて保守的男性からすれば、不倫などというテーマ自体が汚らわしいものに見えたのは無理もないことです。私自身、自分の身近に似たようなことがあれば決して愉快には感じれらない出来事ですから、まあ肉体言語の権化のような彼に眉をひそめられても仕方のないことだと思います。
●多分この文豪というのは夏目漱石をさした言葉でしょう。それから、門等の作品に見られる不倫、略奪愛、罪悪感に悩む主人公の姿は、ある意味で明治時代の日本人の姿であるのだと思います。ただ昨今の現代日本に蔓延している、けだるいお茶の間劇場のような不倫と違って、Ancien regimeの中で近代的自我を確立しようとするものであって、決して軽佻浮薄なものではありません。あえてプーチンと同じような感想を私が抱くとすれば、現代日本の不倫ブームの方ではないかと思います。
●話を本題に持っていきましょう。私自身は不倫をしたことはありませんが、不倫に何かを求めてしまう日本男児の友人は少なからおります。面白いと思うのは、そういう友人たちに共通しているのが、本妻のいる家庭や仕事に行き詰っているということです。不倫の相手に対して何がしかの愛情を持っているから不倫関係になったというよりも、現実からどこか遠くへ逃げ出したいというような感情を根底にもっているということです。
●どうにもならない現実というテーマは歴史を超えて社会に綿々と継承され続けているテーマです。人は苦しみ、何とか解決しようともがいてきました。多くの場合、その努力は報われないまま人生の終焉を迎えます。幸か不幸か、富の所在や性別、国籍に関わりなくです。またどんな強そうに見える人にも例外なく存在するものであるといってよいでしょう。まとめてしまえば、生きること自体に苦しみの源泉があるといってもよいのだと思います。そういう社会の本質的姿というものを媒質にして、不倫社会が出来上がっている、私は最近日本社会を眺めてそういう感想を強くしております。
●日本に来て初めて夏目漱石の”それから”を読んだとき、私には主人公の代助が略奪する平岡の妻・三千代のことを本当に愛しているのだろうかと思ったことがあります。社会全体に悶々とする主人公の焦りが単にその行動を後押ししているだけではないかと映ったのです。この印象は今なお日本社会の不倫問題にも維持されている見方です。社会全体の行く末を深く憂慮する”わたくし”が消えた現在日本において、あちこちで発生・消滅していく不倫というものには、本質は何一つ存在しないのでないかと私が思うのは、そういう背景が濃厚にあるのです。