スポーツ経営における確率論(隈川)

●最近スポーツを見る目が変わりました。アメリカ人の知人が本国に電話をして賭けをしている光景にたびたび遭遇するようになったからでしょう。要するに年間を通じて長い時間と試合数を消化して、最後に優勝するまでの確率を、打者の打率や投手の勝率などを考慮していくという、きわめて生真面目なビジネスとしてとらえるようになったというわけです。
●考えてみれば、これは一般のビジネスについても同じことがいえるでしょう。好き嫌いという話をさておき、最終的に勝ちを得るためのビジネスというものは、負けを少なく、勝ち試合を増やすということにつきます。打者の打率は有能な人でもせいぜい3割、投手なら20勝もすれば大投手です。勝率100%の選手などいません。ケガも出ますし、夏場に調子の出ない選手もいる。そういう不確実性を最終的な勝利に結びつけるということは、企業成績を迫られる一般の会社のビジネスと同じような気がしてくるというわけです。
●それでは勝つための法則とはいったい何なのでしょうか。まずは試合をすること(リーグにとどまっていられること)。選手の立場なら試合に出ることにつきるでしょう。企業経営者等には負けるかもしれないリスクにおびえて、100%勝てると見込めなければ何もしないという人も結構な数いますが、何もしなければ(リスクもないが)何も生み出されないということになります。この点スポーツ団体や選手の覚悟というのは非常に参考になるものがあります。まずは打席に立つという進取の気性がなければ何事も起きないというわけです。
●次は確率をいかに上げるかということです。時期や相性、体力などの状況に合わせて最適な選手の組み合わせを考えるということになりますが、目先の打率や勝率ばかりに目を奪われて無尽蔵に選手を入れ替えられる裕福なチームはさておき、普通の組織なら限られた資源配分の中で、チームとしての組織全体のパワーを最大限に引き出せるような組み合わせをを考えます。組織として波に乗ってくると、時に個々人の足し算をはるかに超えるような力を発揮することがままあるということです。逆に高額なスター選手ばかりを並べて、毎度Aクラスにいる割に結局のところ優勝できないチームというのもあり、こういうチームは個々人の利害ばかりが衝突してしまって、組織全体の力というものはきわめて低いということがよくあります。
●これは会社の経営についても同様です。やたらに報酬がよい会社なのに、ブラック企業としても有名になっている企業が、競争がすべてを解決してくれるという誤った人材登用術を信奉しているのと同様です。実はこういう企業に限って、上位者の縄張りが網の目状に張り巡らされていて、大変過ごしにくい環境になっています。一時的に良い結果が出るものを優先するあまりに、人の出入りがやたらに激しいので、いったん業績が下方に触れますと、蜘蛛の子を散らすように現場を動かしている人材は流出します。意外なことですが組織の突然死が起きるのはこういうタイプの会社ではないでしょうか。
●スター選手がいればそれに越したことはないのですが、そのスター選手でさえ確率的には所詮30%に過ぎないので、多くの2割打者をうまく使いこなす術を考えるほうが重要だということです。まあ当たり前といえば当たり前の話なのかもしれませんが、一見派手に見えるだけに、地道にその確率を上げようと努力しているスポーツ関係者の姿を垣間見ると、やはりそういうことなのだ、と妙に納得してしまうということです。
●最後になりますが、今年ヤンキーズで引退する選手にジーターがいます。あれだけ好成績の選手がずらりといる中で、これといってすごい成績というわけではないジーター選手がなぜあれほど長い間ヤンキースに在籍し、高額年俸をもらっていられたのでしょうか。スポーツ紙はチームの顔とかなんとか言って抽象化してしまいがちですが、結局のところジーター選手を置いておけばチーム全体のパフォーマンスが上がるという確率論に尽きると首脳陣が判断していると考えるべきでしょう。人の出入りが激しいからこそ、組織力のかなめを尊重するというのは非常に合理的な考え方だと考えるべきなのではないかと思います。日本企業も多くを学ぶべきではないでしょうか。

原因と結果を逆向きに考える(隈川)

●何か突発的な事件が起きた時、人は原因を解明しようとする。たとえば日本時間本日未明のウクライナ暫定政権の武力行使について、マスコミの関係者はウクライナ国内の右派勢力からの圧力の生だという。果たしてそうなのか、そうでないのか誰にもわからないが、マスコミがそのように説明すればひとまず世間は落ち着くらしい。奇妙なことだ。
●物事はえてして原因と結果を逆に考えたほうが正解に近いのではと思うこともある。今回の武力衝突によってウクライナの統治体制は、国内世論や欧州各国を含め、連邦制の採用が避けられないという印象を持ったはすだ。連邦制採用によってもっとも利益を得るのは、ロシアだが、ウクライナ国内の問題が落ち着くという意味では、米国も欧州にも利益がある。うがった見方だといわれるかもしれないが、一旦武力衝突を起こさせる、ロシア軍は一切介入しない、結果的にロシアの一方的な悪者の印象がぬぐいさられ、欧米とロシア・ウクライナ暫定政権のすべてにとって必要な、当面の事変の着地が図られる。そういうシナリオを関係者が描いたはずだ。正確な答えは誰にもわからないが、どちらが正しいのかなかなか現時点ではわからない。
●STAP細胞の問題も最近あった。ニュースだけを眺めていると、そういう現象があるのかと思うが、結果の証明が中途半端だったので、結果は仮説に戻った。難しいことはわからないが、このようなナンセンスな事件が起こる原因は、STAP現象を世紀の大発見としたいという願望だろう。願望が先入観となっているから、事実から目を背けても、結果は正しいと断言できることになる。先日の会見を聞いていると、超常現象の愛好家と説明の仕方が同じだった。原因に人間の願望がありすぎるから、結果は願望の延長線上にあるだけで、科学的には何の証明能力もない。
●少々脱線した。言いたいことは、結果だけに振り回されたり、もっともらしい原因の説明に、簡単に首を縦に振らないことだ。絡み合った蔦のような現実を、人は簡単に説明しようとする。しかし、そのような簡明すぎる説明はプロパガンダや詐欺師の口車と変わらないのではないか。私はいつもそう考えるようにしている。

シアトルに住む母の面影を思う(隈川)

●新年です。私は故郷の鹿児島に帰ってきております。帰郷すると真っ先に向かうのは、西郷さんの銅像、そして桜島が見える実家の屋根の上であります。薩摩隼人のはしくれですから、年明けはチェストーと勢いよく雄たけびをあげたいところなのですが、大人になって妙な気恥ずかしさも出てきてしまいました。親戚の子供たちのほうがその点立派で、先ほども部屋で寝ていたら、いきなり新聞紙で頭を叩かれたところです。
●ただ私の場合、故郷は鹿児島だけではありません。他にもうひとつ遠い場所にあります。アメリカに住んでいる母の在所シアトルです。ただ子供の頃両親が離婚してから殆どあっていないので、クリスマスカードを眺めるといつも何かさびしい気がしてきます。若い頃に雑誌の編集者として世界を飛び回っていた母は、今ではシアトル近郊の静かな家で一人生活をしているはずです。遊びにおいでとは言わず、一行おめでとうと書いてある手紙をどのように解釈するべきなのか、今年も深く考えこんでしまいました。
●私は西郷さんが好きです。普通の日本人以上だろうと思います。遠い遠い国を歩いているときも、思い出すのは東京のことではなくて西郷さんのことです。殆ど住んだこともないのになぜか西郷さん自体が私の故郷のような存在だったわけです。
●国籍や人種がいくつも重なり合って生を受けた少年時代の私には、アイデンティティのよりどころがありませんでした。そもそも国籍についてどちらを選ぶのかという難問が控えていましたし、どの国にどのように住むかということも選択できました。何も材料もないまま、ある日父親にもらった南洲翁遺訓を読みました。戊辰戦争に敗れた庄内藩士が書いたという事情もあって、私の心を大きくゆさぶりました。以来西郷どんと故郷が同じだということを誇りにして生きてきました。
●しかし、そんな私ですが今年は母親を訪ねてみようと考えています。シアトル、ニューヨーク、そしてパリ、ベルリンと、母が暮らし、そこで何を見ようとしていたのかということに、三十歳を超えた私は関心をもつようになったのです。子供の頃に私が日本を選んだことを母はどのように考えているのか、またその後独身を貫いた母にとって私はどのような存在であるのか、私の中ではいまだに大きな不安があります。しかし2014年になって、母が七十歳を超えてしまっていることを考えると、元旦初日であるのに、いてもたってもいられなくなってきました。四日に東京に帰ったら、早速シアトル行きのチケットを予約してみようと考えています。

猪瀬直樹氏の答弁を見る(隈川)

●都議会の猪瀬氏の答弁をみました。大変痛々しいものでした。ノンフィクション作家としての語り口はそこにはなく、ただの不器用な老人がいるばかりでした。そもそも東京都の副知事などになるべきではなかったなというのが私の偽らない思いでした。
●やや高慢で鼻持ちならないといった風の、元来の彼の姿を思い出します。少なくともただいま現在のような、真綿にくるんだ丁寧語などを、マスコミを前にして話すべきでないと。そんな風にあるぐらいだったら、そもそも政治の世界にでるべきではなかったし、もちろん知事になどなるべきではなかった。この際、都知事を辞職して原点にもどりなさい。私の中には自然にそういいたい感情が芽生えていました。
●徳州会問題の真偽などこの際どちらでもいい。選挙の前に、日常的でない高額の借り入れを行って、いまさら否定してなんになる。あっさりと認めればいい。否定しようがしまいが、東京都から補助金を7億円をもらっている医療法人から、無担保の借り入れをおこなったのだ。はっきり政治資金目当てだったといえばいい。少なくとも猪瀬氏がこちらの側で自分の事件を眺めたら、彼自身もそういったに違いない。
●しかし一体どこからこのようなことになったのだろうとふと考えてみた。ミカドシリーズを書いていた頃の猪瀬氏はよかった。マスコミに登場する機会が増えて、審議委員会やら、第三者委員会やらに登場し始めた頃から、何か間違った道に入っていたのだろう。切れやすい困り者だったはずの男が、カネの使い道を釈明する情けない老人に変わってしまった。まことに情けない。久々に涙が出ました。

神の数式に興奮(隈川)

●昨晩のNHK特集・神の数式に大変興奮いたしました。数式をあれだけ並べられると少々辟易してしまうところですが、大変わかりやすい説明でした。この分野は全くの素人である私ですが、今の仕事をすべて投げて捨てでももう一度数学か理論物理学の世界に飛び込みたい気分でした。
●特に超弦理論を初めて提唱した人物の一人、ジョン・シュワルツ(John Henry Schwarz)が登場し、一般相対性理論を含めて、宇宙の成り立ちに関する根源的な不可解に挑戦してきたこれまでの時間を、自ら説明している部分には、大きな感動を覚えました。
●加えて、まだまだ残る超弦理論が解き明かさなければならない多くの課題について、自分の人生の中ですべてを消化できないかもしれない。しかし証明できてしまったとしても、それはそれでとても寂しい・・・、という感情を吐露するセリフには、難問に挑戦し続ける科学者に対して大いに尊敬の念を持ちました。
●しかし、サイエンスにおける難問というのは、恐ろしいものです。シュワルツの共同研究者のシャーキーは道半ばにして精神を病むし、理論自体の現実的証明が困難であるという理由から、多くの科学者から猜疑心を持たれるという苦痛は、平凡な人生を歩んでいる私からみると大変恐怖を覚えます。ただただその孤高の研究姿勢に頭が下がるばかりでした。
●私も人生まだ半ばです。シュワルツたちの業績からすれば何もしていないに等しい人生ですが、解決できるとかできないとかそういう小さなことにいちいち悩むよりは、さっさと難問に取り組んで血の汗をかくほうがよいではないか。私はふとそんなことを考えました。

デカルト全盛時代の疲労感の行方(隈川)

●国会中継などを見ていたり、大きな会社の取締役会などでああでもないこうでもないと議論しているのを聞いていると、最近大変な苦痛を覚えます。理解できないこと、疑問に思うことを相手にぶつけていくのは、近代合理性の観点から言えば確かに結構なことなのでしょうが、何か大きな嘘があるような気がしてならないのです。
●そこにリンゴがある、という単純な出来事を、いやいや存在しないかもしれない、いやリンゴに見えるが実はメロンかもしれない。役員ならばどちらか明白にする責務がある等というように、すべての議論が聞こえてきてしまうのです。美味しそうな林檎をひとつかじってみたいというような素朴な感想だけで個人的には十分なので、ピーチク・パーチク議論が起きるのがひどく不愉快に感じるのです。
●その手の疲労を癒してくれる言葉があります。作家ボルヘスがスウェーデンの神秘主義思想家スウェーデンボルグについて述べたくだりです。”スウェーデンボルグは、議論が誰をも説得しないこと、また真理はそれを聞く人々によって受容されれば十分だということを信じていた。彼はいつも論争を避けた。彼の宗教著作のどこにも巧妙な議論はなく、ただ簡素で静謐な肯定だけがある”。
●非常に落ち着く表現です。個人的にもスウェーデンボルグの神秘主義に関する著作に興味を持ち、果てしなく続く霊界通信(Spiritual Diary)を毎晩読んでいたことがありますが、確かにここでいう簡素で静謐な肯定だけがある、という表現に合致しています。現代知識人の疑いに発して疑いに終わるという熱意ではなく、これはこういうものだと淡々と語り尽くす肯定だけがあります。内容が神秘主義思想に関わるものであるからかもしれませんが、読み手も簡素に受容するだけでふと心が落ち着くのを感じるのです。
●考えてみれば現代文明はやたらに原因と結果をデカルト流に分析するだけの時代になっているような気がします。合理的であれば是、そうでなければ否、という具合です。ただよくよく考えていればこの思考回路で証明できることは今の時代でもごくごく一部です。宇宙の起源もIPS細胞も調べれば調べるほど実は謎が深まるばかりなのです。叡智を絞っても現代ではわかりえないことは、簡素にその現象を受容すればいいこともあるだろうとふとへそ曲がりの私は考えてしまいます。どちらかといえばパスカル流に、説明のつかないものをそっと切り分けて静かにその現象を眺めるということのほうが、理に適って、精神の安寧につながるように思うのです。

天使と悪魔に失望する(隈川)

●ダン・ブラウンの本を久々に読んだ。何年か前に読んだ出世作のダ・ヴィンチ・コードがなかなか面白かったからである。他意はない。しかし出世作以降も同様に興味のある作品を生み出し続けることができる作家なのかということを見極めたいという好奇心もあったのは事実である。息の長いエンターテイナー足りうるのかどうかというのは、大切な時間を読書に当てるわたくしにとって重大事だからである。
●今回物語の中心に据えられた秘密結社はイルミナティである。バチカンでのコンクラーベの時期に合わせて教皇庁と対峙する役割を負っている。前作におけるシオン修道会と同様の存在である。教皇庁に対する秘められた歴史的命題を果たすために事件がおき、主人公であるロバート・ラングドンが最終的に謎を解き明かすという筋立てである。前回に引き続き結社という組織のミステリアスな部分をフォーカスすることで読者を引き込む手法を採用しているが、個人的な感想としてはやや否定的な印象がある。構成そのものがワンパターンに見えてしまう中で、秘密結社そのものの存在感が今回は非常に薄く感じられるからである。
●前作の秘密結社には欧米を中心に歴史の謎とされてきた聖杯伝説やマグダラのマリアとの関わりを掘り下げることで、素材としての魅力に深みがあった。が、今回採用されているイルミナティには素材の魅力度からすればかなりグレードが落ちるのである。品格の落ちた素材で構成を踏襲した作品だから面白く感じることは難しい。紋切り型の口上を聞かされた気分だけが残り、満足感はないのである。今後のこの作家の作品にどれだけの期待感がもてるのだろうかという疑問だけが残った。次回以降に期待を上回る作品が出てくれば別だが、当面の間この作家の作品を読む意欲はなくなったといっていい。誠に残念である。

功名が辻を読む(隈川)

●既に古新聞だがゴールデンウィークは沖縄に出かけてきた。一ヶ月ほど妙に忙しかったせいもあって有意義な休息の時間であった。生臭いビジネスの時間だけに拘束されることは本質的にわたくしの好むところではないから時にこのような時間が大切なのだ。訪問したのは宮古島である。ゴールデンウィークなのでなかなか飛行機のチケットが予約できなかったのだが、この島の便だけが偶然手に入ったのである。都心の喧騒を忘れさせる静けさが存分にあり心地よい眠りを貪った。何冊か本を持っていったのだが読み終えた本は一冊のみである。それ以外の時間はデッキでまどろむ時間に消えたというわけである。
●司馬遼太郎氏はわたくしにとってもお気に入りの作家の一人である。手持ちのカバンが書類で一杯であっても一冊くらいはそっと入れておきたくなる作家の一人である。時に奇抜な主人公を中心に据え独自の歴史観を見せてくれる。が、極めてオーソドックスに史実を語りかけてくれる作品もある。「功名が辻」などはまさに後者に属する作品である。十代後半に読んだときには随分つまらない作品だなと思ったものだが、改めて読んでみるとどこか心地よい安定感を感じさせるものがあって悪くない。
●殆ど寝て過ごすことになったゴールデンウィークに始まり、一週間ほどの時間をかけて久々にこの本を最後まで読んだ。主人公の山内一豊のキャラクターも歴史上の著名な人物からすれば極めて地味な存在であるのだが、そうであるが故に妻千代との二人三脚の光景が却って引き立って面白い。就寝前のわずかな時間に読書を愉しむことで少々の気分転換を図っている最近のわたくしにとっては、悪くない選択肢だった。癒される時間を望む人々にはお奨めの作品かもしれない。

おもしろきこともなき世をおもしろく(隈川)

●実はわたくしは新たなステップを切ることにした。コンサルタントという職を辞し、企業再生に携わるターン・アラウンド・マネージャーという職務につくことになったのである。この横文字の職業は企業再生を請負う専門家とでもいうべきものだが、実際には再生企業側の肩書きで仕事をすることになる。一瞬立派な肩書きに見えるが風前の灯となった企業運営の責任を背負い込む形になるから、決して楽なものではない。むしろ旧体制のしがらみと再生ファンド側の意向との間で板ばさみになるリスクもあるタフな役回りである。コンサルタント業に物足りなさを感じて来た故の発意だが、着任一週間前の現時点では身が引き締まる思いのほうが強い。(他意はないが自民党の新人議員のようなコメントとなり誠に恐縮である。)
●旧職の整理は既に完了しているから実は最近日々のんびりと過ごしている。海外に旧友を訪ねたり、日頃手のつかなかった本を読んだりする安穏な時間を愉しんでいる。7年以上働きづめだったので束の間の休息であるといえる。このような谷間の時間を過去の偉人は如何様に過ごしたのだろうかなどと考えてもみた。ロンドンから帰った漱石の姿や、征韓論後の西郷のことがふと頭をよぎった。あれこれ思い浮かべ、疲れたら昼寝し、起きたら散歩するというサイクルの中で、過去の出来事というものにより大きな関心を持ったのである。不思議なものである。
●転機というのはある頻度でやってくるものなのかもしれない。理由は都度あれこれあるが、本質的にはと聞かれれば答えに窮すときもある。殆ど人の存在への懐疑に近い設問である。そんな時思い出すのは高杉晋作の辞世である。「おもしろきこともなき世をおもしろく」。高杉らしい人を食ったような辞世だが、妙に的を得た言葉である。あれこれ言葉を尽くす以上の重みがある。わたくしはかつて萩の町を訪れた際この人物にまつわる奇特な行動や言動が理解できずに困ったことがあった。が、今は非常によくわかるような気がする。今までも、そしてこれからも自分はそんなものであるのかもしれない。
●高杉についてはかつて司馬遼太郎氏の「世に棲む日日」でより多くの関心をもった。長州藩士の想像を超えるファナティシズムの中で、三味線を片手に都々逸を唄う晋作の姿に不思議な魅力を感じた思い出がある。高杉の亡くなった28という年齢をわたくしはとうに過ぎたところにいるが、なんともいえない共感を今頃になって覚えるというのは誠に不思議なことである。あと一週間ほどある休暇の中で、この本を再び読んでみたいと思った次第である。

10年後の日本~団塊の世代を考える(隈川)

●先週末バンコクに出かけてきた。期限到来のマイレージが10万マイルもあったからである。現地に駐在している友人たちの顔ぶれを思い浮かべつつ、サンフランシスコ、パリ、ロンドン、ローマなどいろいろ考えてみたが、短期間で疲れない旅にするという趣旨でバンコクにしたというわけである。飛行機代は無償だから宿泊先は少々背伸びしてオリエンタルホテルを選び数日間チャオプラヤー川を眺めながら過ごした。
●例のごとく成田の書店で本を買い片道6時間(往復都合12時間)の退屈な時間を読書に当てる算段であった。しかし都内の渋滞に巻き込まれ到着時間が大幅に遅れたという事情もあり、書店にたどり着いたのはボーディング開始時間であった。選択の余地なく適当な新書を買い、ビジネスクラスの座席へ急いだ。ちょっと気の利いた小説でも読む気だったが、結果として生々しい現実を思い知らされるような本を読むことになった。「日本の論点」編集部編の「10年後の日本」である。
●10年先といえば随分先にあるようにも感じるが、既に足元にある現実である。内容的には消費税二桁化、団塊世代の大量定年、500万人のフリーター、年金制度の崩壊など既に国会などで議論されている項目ばかりである。目新しさは特にない。また個別のテーマを深耕するという性格のものでもなく全体を網羅するという視点に立っているので少々簡潔すぎて物足りない部分もある。新聞のコラム欄を寄せ集めたようなものだと思えばいい。素早く簡潔に日本の問題点をレビューする用途に向いているものである。
●ただ内容的に少々興味をもつものもあった。団塊世代の大量退職に伴う経済状況の変化についでである。バブル期における高額不動産の購入などで家計のバランスシートが痛んでいる世代であるにも関わらず、背伸び消費を志向する傾向をもち、貯蓄率の大幅低下という経済効果を10年後の日本に与えているという部分である。内容的には楽観的にも悲観的にも評価できるが、嗜好などの傾向によって一昔前の社会経済とは随分異なる状況を生み出す可能性があるということには大いに興味を持った。ビートルズ世代だから他人とは異なる個性を発揮するのではという思い込みがわたくしにはあったからだが、経済全体の顕著な傾向に収斂しているというのは何やら意外に思えたのである。
●実は今回飛行機の中でチェンマイで長期間過ごすという老夫婦に出会った。ロングステイビザという査証を入手し安価で豊かな生活を楽しむということのようである。タイだけに限らずアジアの様々な国が日本の団塊世代を受け入れる準備をしているとも聞いた。抜け目なく市場を開拓しようとする各国の思惑に少々頭が下がる思いがした。新しく出来上がる日本の社会を見越して魅力的なサービスを提供しようとする姿勢は日本の政府機関より素早いという印象を持たざるを得ない。第二の団塊世代と呼ばれるバブル世代の末端にわたくしは属するが、いざ60歳になったとき日本自身はどの程度変わっているべきなのかいろいろと考えた次第である。