江戸時代の女性はどうやって成仏したのか(イレナ)

●貝原益軒の女大学の英訳をたまたま友人からもらいました。読んでみると、現代でもたまに目にする女性に対する偏見の原形のようなものがあって、興味深く感じました。しかし、貝原益軒といえば、平等思想の持主と思っていたのですが、この本からすると、女性に対しては完全な蔑視思想の持主で、深くため息をついてしまいました。
●そういえば先日高野山の関係者と話をする機会がありました。何も知らない外国人からすると、女人禁制というのは違和感がありますというと、伝統ですからというような柔らかい答えが返ってきます。ちょっと割り切れない気持ちになったので、中立的な宗教学者の知人に詳しく聞いてみると、仏教は日本にやってきてから、儒教的なものと共生をはかる狙いもあって、女性を穢れとし、所謂”悟り”や”成仏”も得られないもの、と位置付けてしまった経緯があるのではないかとのお話でした・・・。原点となるインドのゴータマ・シッダールタの言葉には存在しない概念が、勝手に混入している日本の仏教というものが、何とも疎ましく思える瞬間でした。
●この点明治になって福沢諭吉の書いた新女大学は、益軒の書いた女大学に対するアンチテーゼとして書かれた分、内容的には比較的違和感がないのですが、私が関心を持った宗教上の位置づけに関する記述はありません。いわゆる女性の救いやこころの問題は、明治以後も捨て置かれたような気がして、何とも落ち着かない気持ちになってしまいます。
●ただキリスト教やイスラム教が進んでいるかというと、そういうわけでもありません。キリスト教では、さすがに女性が天国にいけないとはいいませんが、バチカンの教皇に女性が選ばれることはありません(正確にいうと、伝説の中で男装の女性教皇がいたというものはありますが例外とします)。そういう意味では、日本の仏教がどうかという問題よりも、2000年近い歴史をもつ宗教関係者の、頑迷な保守性が問題なのかもしれません。
●日本ではようやく女性活躍社会の実現というテーマが政策課題にあがるようになっているようです。しかし個人的には、女性のこころの問題を取り扱う、宗教関係者の保守的な壁のようなものを、早く撤廃してもらいたいものだと考えております。 いろいろな国を飛び回っているにせよ、ふと日本で寿命が尽きたなら、一体どのお墓にはいるべきなのか、今の私にはわかりません。

母親の愛情と時間(イレナ)

●母親の愛情は深い。ISSは兎も角、カフカス地方のテロ事件などからいえば、息子を失った黒服の婦人が自爆テロを行っていることが多い。テロの源泉は人間の愛情だと思う。
●子供を持つ親なら・・・というセリフをよく日本の街角で聞く。殺人事件の犯人は、その趣旨に沿えば、刑死に値するという意味に聞こえる。悲しみも憎しみも否定はできない。しかし人間であるから、その犯人にも家族がいる。犯人の家族の前で、同じような趣旨で、口から泡を飛ばして、責任を追及したりすることは、私にはできない・・・。
●しかしだからといって、法的な観点から、この負の連鎖を、第三者面をして、不幸だからやめましょうと軽々しくいうのも、何か違う。失ってしまうということは、潜在的なエネルギーも加算されるから、元来の愛情に倍加したエネルギーが蓄積される。直線的に、はいそうですかわかりました、とはならない。仮に、人前でそう言い放ったところで、夜になって、出口のない苦悶をずっと味わうことになる。
●解決という言葉がある。アメリカの大統領選などをインターネット中継で眺めていると、テロは排除すればすぐに解決すると聞こえる。しかし先に述べた関係からいけば、排除すればするほど、次なるテロの種がまかれる。息子を殺された母親がいなくならない限り、テロは解決されないとしか、私には思えないのだけれど・・・。
●政治家や官僚、マスコミの人々には、どこか感情の理解が欠けている。テロの深い部分に、母親の愛情があるとすれば、どれだけ努力しても、フランス語でいう世代サイクルで、30年は最低限時間がかかると思う。目先の解決ばかりを見て、母親の子供への愛情という、霊長類固有の、長い歴史のある本能を無視してしまうと、そのサイクルは何世代にもわたることになりかねない・・・。
●アメリカ大統領選挙を、偶然だが、はるかに遠いドイツのハーメルンで見た。有名な笛吹男の街である。800年近く前の、子供たちの大量失踪事件が、童話作家グリムの手を経て、なお世界中の人々の記憶の中に残っているのは、たぶん当時の母親たちの喪失感そのものが、長い年月を超えてなお強く滞留しているからではないか。私はそう考えている。

人生のあらゆる光景がオーダーメイド(イレナ)

●パリのオートクチュールの店にいったことがあります。とても高級なブティックなので、外国人の私が一人ではなかなか入りにくい場所でした。店の従業員とたまたまアパルトメントが一緒だった経緯もあって、ある日私は店先に座ってお茶を飲みながら、友人や訪れる資産家のご婦人方と何度か話す機会がありました。
●話題はこれといって特別なものではありませんでしたが、服やデザインに対する並々でない情熱を最後まで私は感じたので、そのことについて友人に岐路話すと、友人は面白いことを言いました。・・・だって人生そのものは、みんなオートクチュールでしょ・・・、既製服でいいっていう人生は、資産のあるなしに関係なく、どれひとつ存在しないんだから。
●確かにそうかもしれません。値段の高い安いは本質的に別問題です。社会の”一般的な”カテゴリーで評価されるようなもので、人は自分の人生を築きあげたいとは思わないでしょう。自分らしさをとことん追及して、完全オーダーメイドで自分自身の服装を、そして人生を装いたいに違いありません。独善的といわれようが、徹底的に自分らしく・・・、それがオートクチュールなのだと私も考えるようになりました。
●パーティーで一見して引き立つ自分のドレス、自分らしさ。虚栄心というよりも自己主張。それはアイデンティティの問題でしょう。誰と結婚するか(或いはしないか)、どんな仕事を選ぶか、どこに居住するか、そして何を社会で実現するのか、その全てがオーダーメードであるべきなのです。
●時に自分自身がわからなくなるとき、安直に既製服を着て済ませようという時間もあるでしょう。ひょっとすると既製服の方が居心地がいいと思うことさえあるかもしれません。しかし既製服で収まりきらない自分らしさを見つけてしまう人は、躊躇せず殻を破るべきではないか・・・。一斉にリクルート・スーツを着込んだ若者たちが企業を訪問する姿を眺め、丸の内近辺でコーヒーを飲んでいた私は、ふとそんなことを考えてしまいました。

カミーユ・クローデル・発狂後の晩年(イレナ)

●彫刻家ロダンは好きな作家ですが、その恋人だったカミーユ・クローデルのことを考えると微妙な気分になります。ロダンとの不倫のあげく、心を病み48歳で発狂した女性彫刻家のことです。
●1988年公開のフランス映画”カミーユ・クローデル”の英語版をたまたまパリを旅行中だった私は目にしました。フランス語はほとんどわからない私は、最初パリの映画館でこの作品を見た後、英語版の字幕のついているビデオテープを借りてきて観たことがありました。特別有名になった作品ではありませんでしたが、ロダンという人物を尊敬視していた私には少々ショッキングな内容でした。
●1980年代を考えてみると、カミーユのような人生は、ある意味で女性の権利を高らかに主張する大きな運動が求めている、被害者の例として取り上げられた形跡があります。既に著名で動かしがたい地位を確立していたロダンも、一人の男性として複数の女性を愛した。結果としてカミーユは発狂し、そのままの状態で30年に及ぶ精神病院での生活を送ることになる。そうした悲劇的ともいえる内容は、差別的に扱われてきた女性の権利を主張するためには格好の材料ですから・・・。
●ただ最近、この人物について別のことを考えるようになりました。発狂後の人生についてです。多くの評論家はカミーユが、自分を捨てたロダンを憎悪することで、ぎりぎり人格を保持していたなどと表現しています。しかし、30年に及ぶ人生を人は憎悪だけで過ごすことができるのでしょうか。私はちょっと違うと思います。
●確かに憎いという感情はあったでしょう。内妻だった女のもとに戻ったロダンはどう考えてみても、再び愛される存在にはなり得ないのです。ただ朝目覚めて、夜ベッドで就寝するまでの間の長い長い時間を考えてみると、とても憎悪などという激烈な感情を継続することができるとは思えないのです。時に愛したロダンのことを思い。時に忘却する。ひょっとしたらもう一度人生をやり直す計画を緻密に考えていたかもしれないし、場合によっては病院の一角を借りて、別の表現手段である絵画や文学に熱中していたかもしれない・・・。そのようなことです。
●何故私はそんなことを考えるのか。それは知人で同様の境遇にある女性を知っているからです。自分が遭遇した動かしがたい現実の中に未だ囚われている彼女を、私なりに何とかしたいと常日頃から思ってきました。発狂したからそっとしておこうというスタイルは過去のものでしょう。現実に彼女に接してみて思うことは、彼女なりに健全な精神構造へと戻ることを望んでいるということです・・・。ただきっかけがない。却って孤独にしてしまうので自殺衝動を覚えるようになるし、前向きに別の舵を切ろうにも材料がない。ただそれだけのことではないかと思うのです。
●多くの精神病患者が実はこのような状況にあると私は考えています。どの医者も正式には理由もよくわからず病名欄に精神病と記入し、世間から隔離してしまいます。しかし実際のところ誰も内実を理解していないでしょう。結果としてそこから何も変化せず、死の床に入ることになるのは、社会との断絶にほかならないのではないか。私はそんなことを考えています。カミーユのような境遇にあった女性たちが、過去にとらわれることなく、年老いても大きく次のステップをきれるような社会を、私は今後作っていきたいものだと常々考えています。

角田美代子元被告は死ぬことで救われるのか(イレナ)

●年末の角田元被告のニュースは驚きでした。事件の詳細は類例を見ない残虐なものであることはわかるにしても、裁判も始まっていない段階で自ら死を選択する理由は一体何なのでしょうか。
●罪の意識からという見方はありますが、あれだけの事件で次々に殺人を繰り返す人物が、警察に突然捕縛されたからといって、意識が高まるということがありうるでしょうか。仮にそうであるとすれば、ここまで至る過程で警察に自首する、或いは遺族に謝罪するかしているはずです。むしろ、今更罪は隠しおおせない。進退がきわまったから、被告となるぐらいなら、もはや自殺以外に出口はない、そんなところではないでしょうか。
●どちらの理由にしても、死は絶対で自殺はすべての問題解決になる、というのはどこか違和感があります。社会システムとしてはやむを得ないのでしょうが、良いことも悪いこともすべて死で本当に終わるのだろうかという疑問は残らざるを得ません。
●宗教或いは文化の観点からすると、死後の世界で現生の清算が行われるというのが、世界宗教の決まりです。アジアでは閻魔の前で裁かれる、キリスト教・イスラム教では地獄行きが決定されるということになります。天国がいいとか地獄が悪いというよりも、生きるということについて物理的な死で贖われてそこで終わりということにはならなくて、きっとどこかで続きがある。見たことはないにしてもほとんどの人たちがそんなことをかんがえているのではないでしょうか。
●死が終わりでも救いでもなく、その続きが延々と続いているなら、さて、人は一体どうすべきなのでしょうか。角田美代子元被告のみならず、この問題は私にとっても、また世界中の人々にとっても、いまだに大きな問題でしょう。日々生きるということは何かと問うことと、本質的に近いものであるような気がして、私はこの問題を今回の事件で再び真剣に考えてしまった次第です。

マララ・ユサフザイ嬢襲撃事件について考える(イレナ)

●今月のニュースの中で最も衝撃的だったのは、パキスタン在住の15歳の少女マララ・ユサフザイ(Malala Yousafzai)に対する襲撃事件でした。イスラム教・イスラム文化について私は特に深い理解があるわけではありませんが、女性として十分な権利を持っていない現代のイスムラム教国において、もっと勉強したいという主張を行ったというだけで、原理主義者からの襲撃対象となるというのはあまりにも惨い事件でした。
●しかし衝撃的であると思うのは、この襲撃事件に対してというよりも、この事件に対する世界の反応でした。欧米諸国や先進諸国においていち早く彼女を擁護するオピニオンが出るというのはわかるのですが、それ以上にインド等途上国の女性活動家・一般女性なども、” I am also Malala(私もマララだ!)”というメッセージを発したことです。特にインドでは地方においてパキスタンと同様非常に女性蔑視の風潮が強いと理解しているので、大変勇気ある行動だと私の眼には映りました。
●世界が一つになるということについて、経済的には非常にデメリットが指摘されている現況ですが、こと人間の権利、あるいは普遍的な男女平等などの考え方というものが、多くの国の志ある人々の中で共通の価値観として成立しているということは、非常に素晴らしいことであると思います。襲撃事件自体は非常にむごたらしい出来事だとは思いますが、世界の多くの仲間たちが”勉強したい”という素朴な欲求の主張を肩肘張らずに主張・擁護する時代になったということに、私は久々に心を動かされました。

エディット・ピアフ47年間の人生(ゲオルグ)

●Edith Piaf(エディット・ピアフ)という女性の声にはどこか懐かしい響きがあります。子供時代に祖母の大切にしていたレコードの何枚かを独り聞いている中に、彼女のla vie en rose(”バラ色の人生”)がありました。子供のくせにどこか懐かしい香りというか、匂いのようなものがあってロマンチックな気分になったものです。カフェで歌う彼女の姿を何となく思い描いて、その時代のその空間のことを夢に見たものです。
●タバコの煙、娼婦のいるカフェ。無造作に行き交うドイツ軍の姿、そんな混沌とした状況は、私の生きた時代には既に存在しないものでした。気取った文化人や清廉潔白な政治家、禁煙とジョギングを人生の基本方針にすえるような健全さ、そういうインチキくさくて表層的な美徳ばかりが時代の中心に座っておりました。かえって人間の本質から遠ざかっていくような時代の高度化というのは私にとっては息苦しいだけの存在でしたから、なんだか不健康であるけれども人間臭いピアフの生きた時代がとてもうらやましく映ったというわけです。
●ピアフは47歳のとき癌で他界します。短すぎる人生です。しかし、彼女の声は現代の時間の中でも着実に生き残り、私のような懐古趣味の虜になっている男の耳に今も優しく語りかけてくれます。人生を一つの作品に例えるとするなら、彼女の場合、ある意味十分に意味のある47年間だったのではないかと私には思えてきます。
●自らが語るべき何かを語り、人生を全うするということを、私も人生の目標にしてきました。が、いまだ十分にその目的を達成できておりません。道半ばで非常に中途半端なものです。ピアフが旅立った年齢に刻一刻と近づきつつある昨今、ふとそんなことを考えるのですが、そういう中途半端な私にも最後まで頑張りなさいとピアフが言ってくれるような気がして、今日もまた彼女の歌を独り聞き、久しぶりに煙草を一本吸ったのでした。

マリア・ヴァレフスカ・31年間の人生(イレナ)

●ヨーロッパという地域の中でポーランドというのは非常に悲劇的な国です。数回にわたる国の分割、他国の支配という歴史的経緯があります。そうした過去を持つ国に、かつてマリア・ヴァレフスカ(Marie Walewska)という女性がいたことは日本ではあまり知られていません。ポーランド貴族の血脈でありながら、台頭するナポレオンの愛人となり一時的にせよポーランド独立の立役者となった女性です。
●愛人ときくとなんだか眉をひそめる日本人もいるでしょう。しかしポーランドでは、歴史上の偉人として切手になったりするほどの知名度と名声のある女性です。18世紀から19世紀初頭の時代に生きて、わずか31年でこの世の生を終えます。ナポレオンがワーテルローの三帝会戦に敗れてセント・ヘレナ島に流されてから、数年の後のことです。ポーランドのためという以上に、ナポレオンを愛し続けたマリアらしい最後なのかもしれません。
●私は現代に生きる人間ですが、このマリアの姿というのは子供頃から少々まぶしい存在でした。国のためにという以上に、愛する男性を追い求め、人生を全うしていく姿というのは、ある種の女性の規範的な形だと思ったからです。個人的には、男性に伍して或いは乗り越えて、奔放にそして強靭に自立していく女性像を追い求めてきました。これは決して間違ったことではないと今も考えています。しかし、反面で、一人の女性として、感情をもった女として、自分の人生を眺めてみると、マリアほど人を愛し、何か大切なものを後世に遺すという偉業はつゆほども達成できていません。齢を重ねるばかりのように思えてきます。
●愛する男性、そして家族、最後に故郷ポーランドの大地。そういうものを大切にしていく人生を、私は人生の後半戦のテーマにしようかと最近考えるようになりました。髪を振り乱して姑息な経済活動の競争だけに血道を上げる以上に、手に入れた果実を分かち合うということです。慈愛にあふれて、短くとも長く人の記憶に残る人生、そういうものを改めて考えるとき、私の場合マリア・ヴァレフスカのことを思い出すのです。