迷走する欧州(永野)

●ゴーン氏をめぐる報道を眺めている。フランスや日本のマスコミが関心を持っているテーマにはあまり興味がないので、失望も期待もない。ただゴーンも現代の普通の人々と同じだというだけだ。
●日産のゴーン容疑者のニュースはフランスでも日々流れている。マスコミの本質はどこでもたいして変わらないものだが、フランスらしいのはゴーン氏の人権問題と日産・ルノー連合の資本関係ばかりに意見が偏向していることだ。今も自分の国が歴史を前進させているという自信がある半面で、思わしくない経済実態に直面しているフランス経済の現実がほの見える。
●ただ眺めている限り、経営上の本質的な問題はむしろルノーにあるのではないかと見える。日産が危機に瀕しているときにたまたま株式の所有などを通じて支援を行ったこの会社には、グローバルマーケットで戦える車種もなく、日産の利益の連結によってかろうじて経営が成り立っているに過ぎない。
●日産や三菱とのグループ形成が不可能となれば、ルノー単独でフランス国内の雇用を守り切る自信がないのだろう。G20でマクロンが異例の日仏会談を申し入れたところからしても、ルノーの問題はより深刻なのだとむしろ印象付けられた。
●欧州の問題というのはいつも複雑である。なにか世界不安が生じる裏には常に欧州がある。ゴーン問題だけではない。昨年10月から始まった金融市場の暴落といった裏にも、中国と過剰なまでに接してきた欧州の恐怖があるとみている。実際、今回の大暴落で一株当たり純資産が1倍程度だといって日本は大騒ぎしているが、ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行の株価は0.5倍程度にまで落ち込んでいた。リーマンの次はドイツ銀行という不安は、欧州では口に出しにくい話だが現実なのだ。
●NATOの変質、米ロ中距離核全廃条約の変容を含め今年も(英国を除いたとしても)欧州の地殻変動には暇がない。財務内容のよくない南欧・中央諸国が大勢となり、独仏が揺らぎ始めている欧州では、常に政治と経済に不安が残る・・・。
●ルノーが日産に捨てられる日がいつか来るだろうというのはフランス経済界の恐怖だ。だが国家とあまりに密結合したルノーは昔日の日本の国鉄と同様、現在のままでなんとかなるような代物でもない・・・。日産や三菱とのJVの問題をうだうだ議論する前にルノーの問題をストレートに考えるべきだろうと、個人的には考えているのだが・・・。今年も欧州は迷走しそうである。

Louis Renault in 1903

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA