夢の中の数字に意味はあるのか(阿房)

●一時期夢を観るたびに日記をつけてみたことがあります。性質上すぐに記憶から消えてしまうので、枕元にいつもメモ帳を置いて、目覚めたときにすぐにその出来事を書いておき、その日の晩に日記に転記しておくというものです。内容として、日常考える物事の次元とかけ離れていて、ある意味非常に興味深いものであったのです。
●去年観た夢の中では、ピエロのような人物が突然登場し、杖のようなものを振り回すと、”1753”という数字が現れる、というようなものがありました。何か意味があるのではないかと思い、何人かの人にその意味を聞いてみましたが、納得のいくものは見当たりません。とある霊媒関係の人に言わせると、物事を進めていくときにそれでよいというようなことを指しているとのことでした。ただそれは一部の数字のことを指していて、4つの数字全ての意味ではないというのです。去年の6月あたりの話ですが、今もって納得できる解釈は加えられておりません。
●全てが非合理的な世界の解釈論に過ぎないのですが、全く自分の来歴に関係のなさそうな数字の羅列があれだけ鮮明に夢の中に登場すると、素直にその意味を知りたくなるのは人間の道理です。仏教や神道に関係する人々にはあらましきいてみたので、西欧やイスラム世界の人にも冗談交じりにでも聞いてみたいなと思っています。この手の話は、文化や歴史的背景の異なる世界では全く毛色の違う解釈論をたたかわせる性質にあるものですから、先ほどの霊媒関係の人物とは全く違うことをいうのかもしれません。半信半疑なりに非常に楽しみにしているというわけです。
●日常、常識というものに束縛されている割に、その虚実を知ってしまっている私としては、この手のオカルト的な出来事の中にこそ、むしろ真実の一端が隠れているのではないかと何となく思っている部分があります。夢というのはそのまた一部で、自分の理解してない自分というものが潜んでいる場所のような気がしているのです。非常にまじめな巌野氏/永野氏からはいつも失笑をかっているのですが、今後もこの手のテーマを書いていくつもりです(勿論今回の夢の解釈論も答えを聞き次第載せていきます)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA