「満州と自民党」(新潮新書)を読む(木羅)

●久々に新橋のとある会社を訪問した後3時間ほど余裕時間ができた。外で冷たい雨に打たれるのも愉快ではなく、また勤勉にこなす義務のある至急の仕事も特にないので、喫茶店で本を一冊読むことにした。最寄の書店で新書を購入し、コーヒーショップのソファーで煙草をのみながらゆっくりと読んだ。「満州と自民党」(新潮新書)という題名の本である。率直に言って悪文であることや、主張のキーポイントがまことに掴み難い構成となっていることには少々辟易したが、反面で論旨を深追いせず短時間で読了することができるという思いがけぬ長所もあった。
●内容的には、戦前・戦中期に満州において統制経済を志した岸信介など満州人脈に関わる人々が、敗戦後の日本で同様の仕組みを構築し、55年体制を築き上げていったことを中心に据えている。従って時間軸として前半部分では満州でのエピソード、後半部分では現在の自民党の姿を形作る原因となった保守合同の経緯などが描かれている。ただ描き方として、個別人物の印象的エピソードや雑学めいた周辺情報を多く用いすぎたが故に、統制経済の骨格や保守合同を目指した背景などを合理的に説明するコンテキストがきちんと構築できていないのである。具沢山だが、メインディッシュの味付けに手を抜いた疑いが大いにあるといっていい。
●否定的な感想ばかりを述べたが、悪い気分だけというわけでもない。憂鬱な午後の時間からわたくしを解放し、戦中の満州人脈の面々についていろいろに思い描く時間を与えてくれたという意味では少々の感謝の念もあっていいだろう。エピソード群が多いという特性によるものだろうが、二杯の焙煎珈琲の苦味と同様、心地よい印象の残像のようなものが多少ある。特に若手官僚として大陸での経済運営に胸膨らませる岸信介たちの姿には、現在のわたくしの心境に多少通じる部分もある。決してお奨めの部類には入らない本だが、効用は人により各種ありうるという意味で、単なる駄作とも言い難い著作である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA