肉筆浮世絵の世界(浦崎)

●昨年の後半から、戦前に起きた贋作事件(春峯庵事件)で世に出た肉筆浮世絵について少々時間をかけて調べている。世間の権威ある鑑定というものが如何にいい加減かを明らかにした事案で、戦後の永仁の壺事件と同質のものである。

●相違するのは、永仁の壺事件では贋作元である加藤藤九郎が事件後その巧みさを評価されて陶芸界の大御所に昇格していったのに対し、戦前の春峯庵事件では、贋作グループの中で特に高い能力を認められた矢田金満という青年が事後夭折してしまった点にある。存命であったなら、天才絵師として戦中・戦後に活躍した可能性もあるが、残念ながら18歳という若年で世を去ったため、その作品は国内外に流出してしまった模様である。作品の多くは行方不明という風の噂を聞くのみである。再び世に出れば、再評価されること間違いないだろう。

●話は多少脱線するが、五年ほど前に歌麿の傑作肉筆浮世絵・雪月花のうち、「深川の雪」が、1948年に銀座松坂屋での展覧会以降、六十数年ぶりに発見された。とある古美術商の手元にあったものが岡田美術館に売却されたところで世間の知るところとなったが、某古美術商がどこなのか、またなぜ多年にわたって姿を消していたのかは今もって不明である。

●肉筆浮世絵の特性として、オークション以上に相対取引でコレクターなどの手にわたるケースが多いからなのかもしれないが、真贋の不明な浮世絵作品が、様々な人の目論見によって、朽ちかけた土蔵や押し入れ、屋根裏などで密かに眠り続けているのが実態なのだろう。

●戦前の春峯庵事件で名をはせた無名の青年、矢田金満作と思われる作品も、同様のルートやロケーションで、どこかの国の誰かの手によって保管され続けていると思われるが、当方の生きているうちに目にしてみたいものである。

深川の雪(歌麿)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA